【最新版】メンズにおすすめの白髪染めトリートメントランキング【2018】

メンズ・男性でも使えるオススメの白髪染めトリートメントをランキング形式で紹介します。

女性目線の比較ページはネット上でよく見かけますが、メンズ版がなかったので自分で作ってみました。

私は男の美容師なので、男性目線で記事が書けたと思います。参考にどうぞ~!

1位:利尻ヘアカラートリートメント「ブラック」

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 2,160円

堂々の第1位は「利尻ヘアカラートリートメント・ブラック」です。

画像の一番左が、ブラックを使って白髪毛束に30分塗って1回染めた毛束ですね。

 

市販の黒染めよりは濃く染まりませんが、薄毛やハゲになる心配のない安全な染料が使われているので、それでここまで染まれば十分でしょう。

利尻ヘアカラーは刺激のある成分が入っていない無添加商品なので、髪の毛や頭皮をいたわりながら白髪染めできますよ。

 

男性の髪質は女性と比べると「太くて硬くて染まりにくい」のですが、利尻ヘアカラーは白髪染めトリートメントの中でも「最も染料が濃くてよく染まる」ので、一番男性向けになっています。

パッケージが少しダサいのが難点ですが、それ以外に悪いところがないので、自宅で白髪染めするなら利尻ヘアカラーが一番オススメですよ。

2位:利尻カラーシャンプー「ブラック」

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 2,700円

2位は利尻ヘアカラーのシャンプーバージョンです。一番左がブラックになっています。

 

こちらもトリートメントタイプと同じ染料・成分が使われていて、違うのは「普段のシャンプー代わりに使うだけで白髪が染まる」ということです。

いちいち塗ってから時間を置かなくてもいいので、毎日洗っているだけで気付いたら白髪が染まっているという優れものです。

白髪染めシャンプーは女性よりも男性に人気のある商品なので、メンズのセルフカラー用品としてはピッタリだと思います。

 

デメリットとしては、トリートメントタイプと違って置き時間を作らないので、1回の染める力は少し弱めです。

それでもほかの白髪染めシャンプーよりは圧倒的に染まるんですが、「なるべく少ない回数でしっかり濃く染めたい」という方は、1位のトリートメントタイプを使いましょう。

(上の画像は置き時間なしで7回洗った毛束)

 

よく泡立つので塗りムラもできず、ただ洗うだけで白髪が染まるのは便利すぎますよ・・!

3位:ルプルプ「ソフトブラック」

ルプルプ LPLP

ルプルプ LPLP ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ブラウン

  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 1,980円

3位はルプルプのソフトブラックです。先ほどと同じく一番左の毛束ですね。

 

このルプルプのソフトブラックは、利尻ヘアカラーのブラックよりも「少し明るい黒色」に染まるように作られています。

ソフトと付いている通り、地毛が少し明るめの方の黒色と同じぐらいの暗さなので、地毛まで暗く染まってしまうことを防げます。

髪が細くて地毛がそこまで暗くない方は、このルプルプのソフトブラックが一番自然に馴染むのでオススメです。

 

ただし、ルプルプは「少し刺激のある染料が入っている・微アルカリ性で利尻ほど頭皮に優しくない」ので、薄毛やハゲに悩んでいる方には不向きですね。

髪と頭皮のダメージが心配な方は利尻ヘアカラーのほうが安全に使えます。

4位:利尻ヘアカラートリートメントの「ダークブラウン」

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 2,160円

4位は利尻ヘアカラーのダークブラウンで、左から2番目の毛束です。

1~3位は黒色に染まるものを選びましたが、4位からは焦げ茶色に染まる色を加えました。

 

サラリーマン男性のほとんどは茶髪禁止の会社だと思いますが、中には「真っ黒は嫌だ!」という方もいらっしゃると思います。

利尻のダークブラウンはそこまで明るくは染まらないので、黒は嫌だけど自然に馴染むような仕上がりにしたいという方にオススメです。

 

画像の右2つの毛束は「ナチュラルブラウン・ライトブラウン」ですが、これらはかなり明るく染まってしまうので、男性の太い髪だと染まりが悪いことがあります。

男性でしっかり白髪隠しできる色は「黒色・暗めの焦げ茶色」までなので、黒が嫌な方はダークブラウンを使用しましょう。

5位:DHC Q10クイックカラートリートメントの「ダークブラウン」

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHC Q10クイックカラートリートメント ダークブラウン ブラウン

  • 色の種類 ⇒ 3種類
  • 内容量  ⇒ 235g
  • 金額   ⇒ 2,883円

女性向けのDHCさんが販売している「DHC Q10クイックカラートリートメント」を5位にしました。

オススメなのが左側の毛束「ダークブラウン」で、利尻のダークブラウンより少しだけ明るい焦げ茶に染まります。

 

DHCの白髪染めトリートメントは「カラーフィックスコート」という色落ちを防ぐ処方がされているので、

  • 染めたけどすぐに色落ちしてやがる・・・また染めるのめんどくせぇな・・・

という手間を減らせる商品になっています。

 

女性の化粧品を多く販売しているDHCですが、この白髪染めトリートメントは男性でも使えるほどしっかり染まりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です