白髪染めトリートメント「利尻・ルプルプ・資生堂」の3商品を徹底比較!

白髪染めトリートメントでよく検索されている

  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • ルプルプ(LPLP)
  • 資生堂プリオール

の3大商品を実際に染めて徹底比較してみました。

あなたに合った白髪染めトリートメントを見つける手助けになれば幸いです。

利尻・ルプルプ・資生堂の3大白髪染めトリートメントを比較してみた

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

ルプルプ LPLP ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ブラウン

資生堂プリオール カラーコンディショナー ブラック ダークブラウン ブラウン

各商品の全カラーを100%白髪の人毛毛束に染めてみました。

一番上の画像は「利尻ヘアカラートリートメント」で、左から

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン

と並んでいます。

 

2番目の画像は「ルプルプ(LPLP)」です。左から

  • ソフトブラック
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ブラウン

となっています。

 

最後の画像は「資生堂プリオール」で、左から

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ブラウン

になっています。

利尻とルプルプに関しての考察

利尻とルプルプは「乾いた髪に30分置いて1回染めたもの」なんですが、色がかなり似ていますね。

画像を並べて比較してみると、黒に染まるブラックと焦げ茶に染まるダークブラウンは殆ど同じ色になっています。

少し明るい黄色系のブラウンは、利尻のナチュラルブラウンが少し明るめで、ルプルプのモカブラウンは少し暗めです。

赤みのあるオレンジ系のブラウンは、利尻のライトブラウンがより赤みが強く、ルプルプのブラウンは赤みが薄まっていてオレンジっぽく見えます。

 

色自体は似たような色に染まるので、違うのは「色以外の美容成分・染料・匂い」といったところですね。

 

ここからはマイナス点に着目してお話ししていきます。

利尻ヘアカラーは商品自体の見た目がダサいのが難点ですが、美容成分に利尻昆布のぬめり成分が入っていて、染料には安全性の高いものが使われています。

匂いは無臭です。

 

ルプルプは商品パッケージがオシャレなのが嬉しいです。しかし染料の一部に刺激のあるものが使われていて、カラー液自体に油分が強く染めた後に若干髪が重くなります。

匂いはアロマ精油が使われていますが、一部の人には臭く感じるようです。(私は大丈夫な匂いでした)

 

30分置いて1回染めてみると利尻もルプルプもしっかりした色に染まりましたし、色も似たような感じでした。

けれど、安全性やその他成分を考えると、利尻ヘアカラーのほうがオススメできます。

資生堂プリオールに関しての考察

資生堂プリオール カラーコンディショナー ブラック ダークブラウン ブラウン

プリオールは「何度も何度も染めることで徐々に白髪が染まる商品」なので、利尻とルプルプと比べると染まりはかなり悪いほうです。

上の画像は置き時間5分で10回染めたものですが、これでもまだ利尻とルプルプのほうが濃く染まっています。

 

ただし、値段が1本1,382円と利尻らの半額程度ですし、内容量もプリオールのほうが多くなっています。

なので、毎日トリートメントとして利用しやすく、髪の補修ケアをメインに使いやすくなっています。

毎日使って2週間~3週間ぐらいすれば白髪はかなり染まるので、髪を綺麗にしながら白髪隠しできるのが嬉しいところです。

 

色については、ブラックは普通の黒色でダークブラウン+ブラウンは黄みが強い茶色になっています。

何度も染めていくと暗くなっていきますが、ダークブラウンには青みが多いため少しくすんだ印象に仕上がります。

白髪が多い方はブラック安定、それ以外の2色は白髪が固まっている場所が顔回りじゃなければ使いやすいですね。

一番オススメなのは利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

3商品の全ての色を染めてみて、一番オススメできると思ったのは「利尻ヘアカラートリートメント」でした。

色はダークブラウンが一番黒髪との馴染みがいいのでオススメです。染料も濃いのでいい感じに白髪隠しできます。

 

利尻ヘアカラーは「白髪を染める力・安全性・補修力」の3点がすごくバランスがよくて、商品の見た目がちょっとダサい以外に短所はありません。

ルプルプも似たような染色力・色なのでいいのですが、いかんせん「白髪染めトリートメントは安全に使えることが最重要」なので、やっぱり利尻が一押しですね。

 

利尻ヘアカラーは公式サイトからだと初回1,000円割引で買えるので、1ヶ月~1ヶ月半分が2,000円弱で使える計算です。

自宅で簡単に白髪染めできてコスパもいいので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

好きな色があればルプルプも選択肢に入る

ルプルプ LPLP

ルプルプ LPLP ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ブラウン

ルプルプを使うなら「モカブラウン・ブラウン」のどちらかがオススメです。

左側2つの毛束のブラック・ダークブラウンなら利尻とほぼ同じ色なので、あえてルプルプを使う必要はないでしょう。

モカブラウンとブラウンは利尻とは少し違った色になるので、これらの色が好きなら十分ルプルプも選択肢に入りますね。

 

モカブラウンは赤み・黄みのどちらにも偏っていない自然な茶色に染まります。

すごく綺麗な色で、通常のヘアカラーで染める際の一般的な茶色がこのモカブラウンです。

ブラウンは赤みが入っていますが利尻のライトブラウンほど鮮やかな赤ではないので、こちらも使いやすい色になっています。

 

ルプルプも利尻と同様「初回お試しキャンペーン」で2,000円ほどで買えるので、気に入った色があればぜひ試してみてください。

髪の補修ケア目的で使うなら資生堂プリオールもアリ

資生堂プリオール カラーコンディショナー

資生堂プリオール カラーコンディショナー ブラック ダークブラウン ブラウン

白髪を染める力は利尻とルプルプには勝てませんでしたが、毎日使い続けやすい1,382円の低価格は嬉しいですよね。

プリオールは大手資生堂が販売している「髪の毛を綺麗にしながら、ついでに白髪が染まっちゃう商品」と考えると、十分利用価値はありますよ。

髪のゴワつきやパサつき、年齢による髪の栄養不足を補うことができるので、髪質改善のためなら一番オススメできます。

ただ単に白髪を染める商品としては染色力が弱いので、「髪をケアしつつ白髪が分からなくなったらいいな」という方に向いている商品です。

 

また、黒色はダークブラウン・ブラウンよりも染まりがいいので、

  • 白髪を隠したいけど茶色は嫌、黒髪と同じぐらいの黒色がいい

という方は、プリオールのブラックで髪を綺麗にしながら白髪染めすることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です