【2018年最新】白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング【毛束画像】

白髪染めトリートメント おすすめ ランキング

美容師の私が有名な白髪染めトリートメントを片っ端から「実際に染めて」ランキング形式で紹介します。

人気がある商品だからといって一番オススメとは限らないので、ご自身の目で「どうやって染めたらどんな色になっているか」を確認して白髪染め用品を選びましょう。

 

100%人毛の白髪毛束

当サイトで使用している「白髪の人毛毛束」は、実際に人の白髪を集めてから均一な色になるように軽く脱色したものです。

他のサイトのように「真っ白な馬毛」は使用していないので、白髪染めトリートメントで染めた際のリアルな色味が見えるようにしています。

白髪染めトリートメントの選び方

おすすめ商品を紹介する前に、白髪染めトリートメントの選び方を確認しておきましょう。

インターネット通販だけでも20~30種類の白髪染めトリートメントが販売されていますが、当ページで紹介している商品は下記の項目に基づいて順位付けしてあります。

 

【選び方の見出し】

  • 白髪が少ない回数でしっかり染まる
  • 髪・頭皮に刺激がなくて安全に使える
  • 髪を潤わせる補修ケア能力
  • 使い続けやすい値段&匂い
  • 色落ちのしにくさ

白髪が少ない回数でしっかり染まる

白髪染めトリートメントは通常のヘアカラーよりも染める力が弱いとされていますが、白髪染めに使うならなるべく1回でしっかり白髪を染めたいですよね。

10回染めても全然色が入らない商品もありますが、そういった粗悪品は当ページでは除外してあります。

実際に染めた毛束を載せているので、「何分の放置時間で何回染めたらこの色になっているか」を確認してみてください。

たった1回の毛染めでも白髪がちゃんと隠れる白髪染めトリートメントを使いましょう。

髪・頭皮に刺激がなくて安全に使える

美容院で行うヘアカラーには「酸化染料・ジアミン」という刺激の強いアレルギー性物質が使われているため、頭皮に湿疹ができたりかゆみを感じることがあります。

白髪染めトリートメントは刺激をなくすために「植物染料・塩基性染料・HC染料」が使われているので、カラダに負担をかけずに安全に染められるようになっています。

40~50代になると髪が痩せてハリコシがなくなってしまうので、そんな時こそ髪や頭皮を痛ませない、薄毛の心配がない白髪染めを使いましょう。

髪を潤わせる補修ケア能力

白髪が染まるのは当たり前で、今は白髪染めと同時にどれだけ髪を潤わせられるかという「補修ケア能力」が重要になっています。

白髪染めトリートメントは白髪を染めるために作る「放置時間」を利用して、髪に美容成分を浸透させて髪質改善できる商品です。

染めた後に髪がサラサラになった、髪がしっとりして乾燥による広がりを防げた、手触りがよくなって天使の輪ができた。

当ページでは、そんな補修力が高い白髪染めトリートメントを評価してあります。

使い続けやすい値段&匂い

綺麗に染まるからといって高い値段だと使い続けられません。白髪は毎日伸びますからね。

また、ヘアカラー特有のツーンとした刺激臭がしてしまうと、せっかく染める力が高くても匂いが嫌で使いたくなくなってしまいます。

値段の安さ、内容量、匂いといった「使い続けやすさ」も評価の対象としてあります。

色落ちのしにくさ

染めた後の数日だけ綺麗な髪色でも、色落ちが激しくてみるみるうちに白髪に戻ってしまうと元も子もありません。

白髪染めトリートメントの中には「退色防止」のための工夫がされている商品もあるので、そういった染めた後の色持ち・色落ちのしにくさも評価しました。

白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング

人気の白髪染めトリートメントを実際に試して、優れた商品6つをランキングにまとめました。

1位は文句なし、2~3位は惜しいところがある、4~5位は使い方によってはアリ、6位はうーん・・・といった評価になっています。

記事を書き終わって思ったのは、自宅で簡単にセルフカラーできる商品ばかりなので、いつでも手間なく白髪染めできてしまう良い時代になったなぁということです。

白髪の悩み、頭皮の肌荒れの悩み、薄毛や髪のパサつきなど、髪の悩みを持っている方には気に入った商品をぜひ実際に試してみて欲しいと思います。

1位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

  • 商品名  ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント
  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 2,160円
  • 染める力 ⇒ ★★★★★(5点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★★★(5点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★★★★(5点/5点)

 

堂々の第一位は「利尻ヘアカラートリートメント」で、パッケージのだささとは裏腹に「白髪染めトリートメントとは思えないほどの強い染色力」があります。

【毛束の並び順(左から)】

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン

上の画像は乾いた髪に30分置いて1回染めた毛束ですが、たった1回染めるだけで白髪が濃く染まってしまうんですよね。

完全に美容師泣かせの仕上がりです、利尻ヘアカラーさえあれば美容院に通うなんてアホらしくなるレベル。凄いです。

 

利尻ヘアカラーは「白髪を染める力・潤い力・安全性」の3点が特に優れていて、頭皮や髪をいたわりながら白髪を染めるのに適している商品だと思います。

28種類のうるおい成分配合で、利尻昆布のぬめり成分フコイダンが髪をしっとりとまとめてくれて、さらに無添加処方で優しい作り&少ない回数でしっかり染まる染料配合。

累計販売数は1,800万本超えで今もなお売れ続けている商品と隙がありません。

 

昔から販売されているロングセラー商品ですが、度々改良されていて今はライバルなしと一歩抜きんでている商品ですね。

名前とボトルデザインがオシャレじゃないのがネックですが、戸棚にしまっておけばお客さんに見られることもないし、まぁ我慢できる範囲かなと思います(笑)

 

色については、ブラックはかなり青みが濃いので染まりは強く、髪が染まりにくい人でもしっかり染まりますよ。

ダークブラウンはTHE焦げ茶な色で、黒髪と茶髪の中間色なので馴染みがよく、綺麗な雰囲気に仕上がります。

ナチュラルブラウンは赤みを抑えた明るめの茶色で、ライトブラウンは赤みが強めのオレンジブラウンです。

使いやすい色は「ダークブラウン」ですね。染料が濃いのでよく染まりますし、色持ちもいいので普段使いにピッタリです。

2位:DHC Q10クイックカラートリートメント

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHC Q10クイックカラートリートメント ダークブラウン ブラウン

  • 商品名  ⇒ DHC Q10クイックカラートリートメント
  • 色の種類 ⇒ 3種類
  • 内容量  ⇒ 235g
  • 金額   ⇒ 2,883円
  • 染める力 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★★★★(5点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)

 

2位は大手化粧品会社DHCが販売している「Q10クイックカラートリートメント」です。

【色の並び順(左から)】

  • ダークブラウン
  • ブラウン

こちらも利尻ヘアカラーと同じく、乾いた髪に30分置いて1回染めた毛束です。

 

今回は黒色を購入していないので2色の紹介ですが、

  • DHCのダークブラウン ⇒ 利尻のダークブラウン
  • DHCのブラウン ⇒ 利尻のライトブラウン

と利尻ヘアカラーの色に似たような仕上がりになります。

 

色だけで見れば利尻と同じなので、それなら値段が安くて色の種類が多い利尻に勝てるところがなくなってしまうのですが・・・

DHCの白髪染めは「放置時間5分」のクイックカラー処方で、いかに短い時間でしっかり染まるかに特化しています。

さらに、染めたての綺麗な色を保つために「カラーフィックスコート」という独自の成分が配合されていて、色が入りやすい&抜けにくいという嬉しい特徴があります。

 

ダークブラウンもブラウンも使い勝手のいい自然な色に染まりますし、私たちに馴染みのある大手DHCさんが販売しているので安心感もありますよね。

DHCは中高年の女性に特化した化粧品会社なので、髪に元気を与える「コエンザイムQ10」などの嬉しい成分も配合されていて、年齢による髪のダメージを補修してくれる効果もあります。

 

「利尻ヘアカラーがすごいよく染まるのは分かったけど、やっぱり見た目もオシャレで会社も有名なところがいい」という方にはDHCが一番ですよ。

3位:LPLP(ルプルプ)

ルプルプ LPLP

ルプルプ LPLP ソフトブラック ダークブラウン モカブラウン ブラウン

  • 商品名  ⇒ LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント
  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 1,980円
  • 染める力 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★☆☆(3点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)

 

見た目が可愛くて使いたくなってしまうルプルプを3位にしました。

【色の並び順(左から)】

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ブラウン

乾いた髪に30分置いて1回染めた毛束です。

 

ルプルプはほどよく染まるし色も暗めで馴染みやすいしパッケージも可愛いし・・・と長所がある反面、安全性に少し問題のある染料が使われています。

また、染まりをよくするために微アルカリ性になっているので、染まるんですが髪にダメージを少し与えてしまう点も短所ですね。

 

商品パッケージがオシャレなのでつい家に置いておきたくなる、利尻よりも使いたくなっちゃう見た目なんですが・・・

やっぱり白髪染めトリートメントは「安全に使えてなんぼの白髪染め用品」なので、安全性を考えると3位以上には出来ないなというのが正直な感想です。

 

色を見てみると、ソフトブラックがほどよく薄めの黒で、ダークブラウンとモカブラウンが多少の違いはあるけど焦げ茶に染まります。

一番明るいブラウンは少し赤みのある茶色になり、基本的には「ブラウン以外は暗めに染まる」のが特徴です。

黒髪の中にある白髪を染めるので、暗めのほうが染めた後に全体が綺麗になります。染めたところと黒髪が馴染みますからね。

なので、ルプルプの色展開は「あまり色に差がないのがネックだけど、言い換えるとどの色で染めても自然な仕上がりになる」と言えます。

 

ヘアカラーで肌荒れやかゆみが出たことがない方であれば、ルプルプの染料+微アルカリ性もへっちゃらなので、肌が弱くない方にはオススメできる商品です。

4位:資生堂プリオール

資生堂プリオール カラーコンディショナー

資生堂プリオール カラーコンディショナー ブラック ダークブラウン ブラウン

  • 商品名  ⇒ 資生堂プリオール カラーコンディショナー
  • 色の種類 ⇒ 3種類
  • 内容量  ⇒ 230g
  • 金額   ⇒ 1,382円
  • 染める力 ⇒ ★☆☆☆☆(1点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★★(5点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★★★(5点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★★☆☆(3点/5点)

 

1回染めただけじゃ全然染まらないけど、値段の安さと補修力&安全性の高さが高評価なプリオールが4位にランクインしました。

【色の並び順(左から)】

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ブラウン

濡れた髪に5分置いて10回染めた毛束です。

 

プリオールの主な使い方は「毎日トリートメント代わりに使うことで髪がキレイになる」というものです。

白髪を染める力は弱いのですが、髪の補修ケア目的で続けて使っていると「気づいたら白髪に色がついて白髪隠しできる」ので、髪質改善しながら白髪染めしたい人にピッタリの商品です。

それに、染める力が弱いのは「刺激のある染料を一切使っていないから」で、ヘアマニキュアと同じ酸性染料のみが使用されています。

どの白髪染めトリートメントよりもカラダに優しい作りになっているので、敏感肌の方でも安全に使用できるところが嬉しいですね。

 

プリオールはブラウンが基本の茶色で、ブラウンに青みを足してくすませて暗くしたのがダークブラウンになります。

髪を綺麗にケアするのが目的だけど、やっぱり白髪もそこそこ染まって欲しいという場合は染料の濃いダークブラウンを選びましょう。

また、プリオールのブラックは他の色と違ってかなり白髪染め力があるので、ツヤのある綺麗な黒髪にしたい方にオススメです。

 

値段は1,382円とほか商品の半額で内容量もたっぷりなので、髪が乾燥してパサついたり広がりやすくなっている方の常用トリートメントとしてもオススメですよ。

5位:キラリ カラートリートメントムース

キラリ カラートリートメントムース

キラリ とろーりムース ダークブラウン

  • 商品名  ⇒ キラリ カラートリートメントムース(とろーりムース)
  • 色の種類 ⇒ 3種類
  • 内容量  ⇒ 150g
  • 金額   ⇒ 2,760円
  • 染める力 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★☆☆☆(2点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★★☆☆(3点/5点)

 

独自の毛髪浸透技術を使った泡タイプの白髪染め「キラリ」は5位になりました。

上の画像はダークブラウンで乾いた髪に30分置いて1回染めたものです。

 

キラリは内容量150gと少なめ+ムース状で減るのが早いという短所はありますが、1回でしっかり白髪を染めてくれる凄い商品です。

値段が高いので使い続けにくいことから評価を落としてありますが、泡状なので塗るのが簡単かつ塗りムラができにくいので、お金に余裕がある方はぜひ使ってみて欲しいと思います。

 

キラリには特許成分「ヘアキューブ」が配合されていて、髪表面のキューティクルを開かずに染料+美容成分を髪内部に浸透させることができます。

通常のヘアカラーのように染めるために髪を無理やりアルカリ剤でこじあけたりしないので、髪を痛ませずに中からしっかり染められる、というわけですね。

 

「私は自分で染めるの初めてだし手先も不器用だから、上手に塗れるか心配で億劫・・・」といった方は、簡単に塗れてしっかり染まるキラリがオススメですよー。

6位:POLA グローイングショット

POLA ポーラ グローイングショット

POLA ポーラ グローイングショット ブラウン

  • 商品名  ⇒ POLA(ポーラ)グローイングショット
  • 色の種類 ⇒ 2種類(黒・茶の2カラーしかないため減点)
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 3,132円
  • 染める力 ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 補修力  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • 安全性  ⇒ ★★★★☆(4点/5点)
  • コスパ  ⇒ ★★☆☆☆(2点/5点)
  • 総合評価 ⇒ ★★☆☆☆(2点/5点)

 

期待しすぎていただけにがっくり気落ちしてしまったPOLAグローイングショットが6位になりました。

色展開は「ブラック・ブラウン」の2色のみで、上の画像はブラウンを乾いた髪に30分置いて1回染めた毛束です。

 

POLAは色が2色しかないので、黒以外だとブラウン一択になってしまうのが辛いですね。

もう少し明るい色に染まるかと思っていたのですが、残念ながら黒に近いような暗い焦げ茶に染まりました。

茶色の選択肢が1種類しかないのにこの暗さだと、あまり使いたくなる人はいないでしょうに・・。

 

でも、色以外でいうと「カラー液がオイリーで髪に油分を与えられる」「染めた後はしっとりまとまりやすくなる」「乾燥毛のダメージケアに最適」と、良いところもありました。

白髪染め用品としては色に欠点があるのでNGですが、髪のケア能力は高いので惜しいと思った商品です。

番外編:利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

  • 商品名  ⇒ 利尻ヘアカラーシャンプー
  • 色の種類 ⇒ 4種類
  • 内容量  ⇒ 200g
  • 金額   ⇒ 2,700円

 

白髪染めトリートメントランキングとは別になりますが、利尻ヘアカラーのシャンプーバージョンもオススメです。

【色の並び順(左から)】

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン

上の画像は濡れた髪に泡立ててすぐ流すを7回繰り返した毛束です。

 

こちらは普段のシャンプー代わりに使うだけで白髪が染まるので、置き時間なしで何も気にせず洗っているだけで白髪隠しできるようになっています。

めちゃくちゃ楽なんですよね、毛染めの嫌な匂いもないし刺激もないので、「白髪染めはめんどうくさいからなぁ」という手間を感じることがありません。

白髪染めの感覚なしで染められるので、特に面倒くさがりな男性や女性にオススメの白髪染めシャンプーです。

 

ネットで販売されている白髪染めシャンプーの多くは「全然染まらずに使う価値のない商品」ばかりですが、この利尻カラーシャンプーは全然違います。

  • どの色も白髪染めトリートメント並みに濃く染まる
  • 刺激なしでしっかり染めるために「植物染料・塩基性染料・HC染料」の3種類配合
  • 泡立ちがいいので染めムラにならない
  • 1回に使う量は少しでOK(1ヶ月以上余裕で持つ)
  • 利尻のトリートメントタイプと同様に補修ケア力が高い

今まで世の中の人がイメージしていた白髪染めシャンプーとは全くの別物です。こんな便利な商品があったのかと驚かされました。

 

白髪染めトリートメントは塗った後に置き時間を作らないといけないので、時間がかかる手間を省きたい方は利尻カラーシャンプーを使ってみましょう。